2019.08.02更新

ブラックリストの解決法!信用情報の削除依頼ってできるの?

ブラックリストとは信用情報機関に借金の滞納、債務整理など事故情報が登録されることです。

ブラックリストに登録されるとクレジットカードを作るとき、新しくローンを組むときなど審査に通りづらくなります。金融機関等から「この人は信用できない」と判断されるためです。

今回は、ブラックリストに登録された場合、信用情報の削除依頼はできるのかについてご紹介します。登録される信用情報の種類と期間についても触れていますので、ぜひ合わせて確認してみてください。

ブラックリストって本当にあるの?

ブラックリストに登録されると、カードやローンの審査に通りづらくなるのは有名な話です。しかし、その実態を詳しく知っている方はあまりいません。
そこで、まずは基本知識からご説明します。

ブラックリスト」と呼ばれるリストは存在しない

ブラックリストって聞いたことがありますが、そんな恐ろしげなリストは本当に存在しているんですか?

先生:「ブラックリスト」と呼ばれるリストは存在しませんよ。信用情報機関に登録されることを意味する通称ですね。

金融機関等の多くは「信用情報機関」と呼ばれる情報機関と提携しています。

主な信用情報機関としては、以下の3社です。

個人信用情報機関

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC

信用情報機関とは提携している金融機関の利用者の「個人信用情報」を記録、管理する機関です。例えば、借入状況や返金履歴など一般的なものから、延滞・滞納や自己破産などの事故情報まで。

ブラックリスト」と呼ばれるものは延滞・滞納や自己破産などブラックな個人信用情報の通称です。

信用情報機関に登録されると審査に通りづらくなる

個人信用情報は提携している金融機関、または登録されている本人であれば参照できます。

個人信用情報の参照は、各信用情報機関のホームページから可能です。

・株式会社日本信用情報機構の情報開示方法はこちら
・株式会社シー・アイ・シーの情報開示方法はこちら
・全国銀行個人信用情報センターの情報開示方法はこちら

新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組むとして金融機関はまず利用者の個人信用情報を参照します。個人信用情報の内容によって信用できる相手かを判断するのです。

当然、延滞・滞納や自己破産などブラックな情報が記載されていれば警戒されます。金融機関等の方針にもよりますが、ブラックな情報があれば審査に通らないのが一般的です。

審査が通らないという方の中には、信用情報を開示してみたら過去の借り入れを忘れたままずっと延滞している状態だった…というケースも多くあります。

まずは信用情報を開示し、ご自身の現在の状態を調べてみることをおすすめします。

信用情報の開示方法がいまいち分からないという方は専門サービスに依頼することも可能です。

登録される信用情報の種類期間

JICCやCIC、KSCなど複数の信用情報機関があるように、機関によって登録する個人信用情報の種類や期間は異なります。
では、一般的な情報と事故情報に分けて種類と期間を見ていきましょう。

一般的に登録される信用情報

<株式会社日本信用情報機構(JICC)>

登録される情報

登録期間

入金予定日から3か月以上延滞している

延滞期間中

延滞解消した

延滞解消日から1年間

<株式会社シー・アイ・シー(CIC)>

登録される情報

登録期間

残債額、請求額、入金額、入金履歴、終了状況等

契約期間中から終了後5年以内

<全国銀行個人信用情報センター(KSC)>

登録される情報

登録期間

クレジットカードやローンの契約内容や返済状況

契約期間中から終了後5年以内

上記は、各信用情報機関でも比較的登録されやすい個人信用情報です。

延滞・滞納など内容にもよりますが、これら個人信用情報が各金融機関の審査に影響することはあまりありません。高額の借金がなく、かつ安定した収入があれば大抵の審査には通るはずです。

事故として登録される信用情報

信用情報機関

自己破産

個人再生

任意整理

株式会社日本信用情報機構

5年間

5年間

5年間

株式会社シー・アイ・シー

5年間

載らない

載らない

全国銀行個人信用情報センター

10年間

10年間

載らない

自己破産(財産を清算する手続き)や個人再生(負担の圧縮や計画の支援)、任意整理(金利を引き下げて再計算)をすると、一部を除いて5年以上は事故情報として登録されます。

特に、自己破産は借金を含めたすべての財産を放棄する制度です。その為、どの信用情報機関にも登録され、かつ各金融機関の審査には情報が解消されるまでまず通らなくなります。

対して、個人再生や任意整理は負担の減額や金利の引き下げなどを受けられる制度です。返済義務を放棄するものではないため、CICやKSCなど一部の信用情報機関には記載されないこともあります。

信用情報の削除や解除についてはこちらで詳しくご説明していますので、興味のある方はぜひ合わせて確認してみてください。

信用情報の削除依頼ってできるの?

信用情報機関にブラックな個人信用情報が登録されると、情報が解消されるまで金融機関等の審査にまず通らなくなります。
では、個人信用情報が登録されたときどう対処すればいいのでしょうか?

訂正・削除は信用情報機関にしかできない

先生!私、ブラックリスト入りしたみたいです…。信用情報の削除依頼ってできますかね?

諦めなさい。信用情報にブラックな情報が登録されたら、期間が過ぎるまでまず削除はできません。

信用情報機関では提携する金融機関の利用者の情報をありのまま載せています。

これは、カードやローンなどの審査が行われるとき、金融機関等が正しく判断するためです。個人の意思で情報の削除依頼ができるとしたら、正しく判断できなくなるため期間内の削除はできません

ただし、あくまで登録されている情報が正しいときに限ります。
情報が間違っていたり、解消の期間を過ぎている場合には信用情報機関か取引先の金融機関に依頼することで訂正・削除は可能です。

まとめ

個人信用情報の訂正・削除ができるのは信用情報機関か取引先の金融機関だけです。登録されると解消期間になるまで、個人の意思で削除依頼はできません

しかし、個人信用情報として登録されている内容が誤っていたり、すでに解消期間を過ぎているのに情報が残っている場合などには訂正・削除依頼できることもあります。

「ブラックリスト入りしているかも…」と心当たりのある方は、まず信用情報機関に問い合わせをして、現状を把握するところから始めてみるのがいいでしょう。信用情報の開示や取得は難しそうでよくわからない…という方には代行で取得してくれるサービスをおすすめします。