2019.08.02更新

信用情報の開示報告書の見方!チェックしたい3つのポイント

信用情報の開示報告書の見方

開示報告書とは、各信用情報機関が記録している個人の信用情報を記載した書類です。

登録元会社(各金融機関)や取引内容、残債額や入金状況などの信用情報が記載されていて、各金融機関が審査するときの参考資料として扱われます。また、開示報告書は本人であれば問い合わせが可能です。

ただ、いざ問い合わせても書類のどこをチェックすればいいか分からないと思います。そこで、今回は開示報告書の見方の3つのポイントと、よくある疑問とその回答についてご説明しますのでぜひ参考にしてみてください。

先生!信用情報の開示報告書を取り寄せたんですけど、見方がぜんぜん分かりません…

確かに、初めてだと見方が分からないかもしれませんね。でも、3つのポイントさえ押さえれば意外と簡単ですよ。

参照元:CIC

冒頭でも紹介した通り、開示報告書とは信用情報機関が管理している個人の信用情報をまとめた書類です。
これは本人であれば取り寄せることができるもので、以下の3つのポイントさえ押さえればおよその現状を把握できます。

信用情報の取得方法についてはこちらで詳しくご紹介していますので、開示報告書を取り寄せたい方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

登録元会社と取引内容

まず見方として最初に確認したいのが「登録元会社(各金融機関名)」と「取引内容」です。

信用情報では信用情報機関と提携している金融機関等の利用者の情報が記録されます。つまり、登録元会社を確認することで、現在または過去にどの金融機関等と取引をしていたのかが一目で分かるのです。

また、取引内容ではクレジットカードや住宅ローン、個品割賦(商品の分割払い)などの情報を確認できます。
登録元会社と合わせることにより、大まかな取引状況を把握できるのでぜひチェックしておきましょう。

残債額と入金状況

次に見方としては「残債額(借金の残り)」と「入金状況」も確認しておきたいです。

開示報告書でもっとも重要視されるのが残債額と入金状況。
中でも、入金状況には各月に請求通りの入金がされていたのか、一部だけ入金されたのかなどの情報が記載されており、信用力の判断基準として重要です。

ちなみに、入金状況では各信用情報機関によって状況を知らせる記号が決められています。例えば、信用情報機関のひとつである「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」の入金状況の記号は以下のようなものです。

CICの入金状況の記号

  • $…請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
  • P…請求額の一部が入金された
  • R…契約者以外から入金があった
  • A…契約者の事情で、約束の日に入金がなかった
  • B…契約者の事情とは関係なく、入金がなかった
  • C…入金されておらず、かつ原因が分からない
  • ー…請求もなく入金もなかった
  • 空欄…クレジット会社等からの情報の更新がなかった

また、「一般社団法人全国銀行協会(KSC)」の開示報告書では「○×△」が使用されています。
当然、AやP、Cといった延滞・滞納の情報が記載されると、別の金融機関等の審査に通りにくくなるので注意が必要です。

審査に落ちる原因についてはこちらで詳しくご紹介していますので、不安のある方は合わせてチェックしておくのがいいでしょう。

信用情報を取り寄せてみたけど見方に不安がある方やいまいち自信のない方は、行政書士事務所などの詳しい専門家へ相談してみてください。自分で気付かないうちに延滞している債務が発覚するケースも多くあります。

信用情報の保有期限

最後に見方として「信用情報の保有期間」も確認しておくと後々いいでしょう。

というのも、信用情報は金融機関等との契約が解消しても5〜10年間(取引内容によって異なる)は保管されます。
問題なく完済できたなら問題ないのですが、債務整理によって返済義務を放棄した情報も保管されるのです。

「(債務整理したのは)数年前だから、もう大丈夫だろう」と思って新しくローンを組もうとしても、開示報告書にその情報が記載されたままでは金融機関等の審査に通らない可能性があります。

ちなみに、信用情報が解除されるまでの期間ですがこちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひ1度目を通してみてください。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)の見方はこちら
・株式会社日本信用情報機構(JICC)の見方はこちら
・一般社団法人全国銀行協会(KSC)の見方はこちら

開示報告書によくある疑問と回答

開示報告書の見方は先述した3つのポイントを押さえればおよそ問題ないと思います。ただ、それ以前に信用情報について分からないことも多いのでは?そこで、ここからは開示報告書や信用情報によくある疑問に答えていきましょう。

自分の情報がなぜ登録されるの?

先生!そもそも信用情報にどうして私の情報が記載されているんですか?個人情報保護違反では?

違反ではないです。どこかの金融機関等と契約するときに、信用情報への登録に同意しているはずですよ。

信用情報は勝手に登録されるものではなく、クレジットカードやローンなどを契約するとき、信用情報への登録に同意すると記載されます。 つまり、見逃しているだけで契約書のどこかに信用情報への同意が明記されているのです。

信用情報は削除できないの?

先生!信用情報の内容を知られると困るので、削除したいんですけどどこに依頼すればいいですか?

諦めなさい。信用情報に記載された内容は、保有期限が来るまで削除できないようになっています。

信用情報は信用情報機関と提携している金融機関等から集められた情報です。
その為、信用情報の追加・変更・削除は基本的に情報を申告している金融機関等でしか行えません

ただし、非常に稀ではありますが信用情報に記載された「情報が誤っている場合」には、信用情報機関または情報を申告した金融機関等に申請することで変更・削除できることがあります

信用情報の削除についてはこちらで詳しく触れていますので、もしどうしても信用情報を変更・削除したい方は確認していただけると分かりやすいです。

まとめ

開示報告書を取り寄せることで、金融機関等との契約内容や返済状況など信用情報を確認できます。

しかし、いざ取り寄せるとどこをどう見ればいいのか、見方が分からないことが多いです。見方が分からないままでは開示報告書の内容を十分に活用できないので、ぜひ以下の3点だけは確認するようにしましょう。

・登録元会社と取引内容
・残債額と入金状況
・信用情報の保有期限

中でも、入金状況は請求どおりに返済されているのかが記載されており、別の金融機関等が審査するときの重要な参考資料とされます。
たった数ヶ月の延滞・滞納でも審査に響くことがあるので要注意です。

もし開示報告書を取り寄せることがあれば、ぜひ紹介した見方を参考にして内容を確認してみてください。

開示した信用情報の中に長期延滞や滞納しているデータが残っていた場合や、開示の仕方が分からないという方は、専門サービスに相談することをおすすめします。