2019.08.02更新

エー・シー・エス債権管理回収株式会社から請求書!対処法と注意点

エー・シー・エス債権管理回収株式会社とはイオングループの債権回収会社(サービサー)です。

クレジットカードや住宅ローンなど、借金の返済を延滞・滞納しているとエー・シー・エスから請求書が届くことがあります。これは金融機関等が債権回収の委託をしたことで、エー・シー・エスが代わりに回収業務を行っているためです。

今回、エー・シー・エスから返済の請求書が届いたときの対処法と注意点についてご紹介します。適切に対処すれば借金をチャラにできることも、反対に無視していると裁判に発展することもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

エー・シー・エス債権管理回収株式会社って何の会社?

先生!エー・シー・エスってところから請求書が届いたんですけど、これって架空請求じゃないんですか?

違いますよ!エー・シー・エスは法務大臣の認定を受けているれっきとした債権回収会社のひとつです。

エー・シー・エスのように契約した覚えのない会社から請求書が届くと、「架空請求では?」と疑ってしまうと思います。
そこで、まずはエー・シー・エス債権管理回収株式会社がどのような会社で、何の業務をしているのかご説明しましょう。

エー・シー・エスは債権(借り入れ)を回収する会社

エー・シー・エス債権管理回収株式会社とはイオングループに所属している債権回収会社です。

いわゆる「サービサー」と呼ばれる会社で、主に「債権管理回収業務」を請け負っています。簡単に言うと、借金を延滞・滞納している債務者に対して、金融機関等から委託されて借金の取り立てをしている会社です。

例えば、クレジットカードの支払いや住宅ローンの返済など、借金の延滞・滞納をしていると取り立てに困った金融機関等はエー・シー・エスに回収業務の委託をします。
その後、エー・シー・エスが債権者に取り立てを行うのです。

架空請求の類ではないので適切に対応する必要がある

金融機関等から借金をしているのに、なぜかエー・シー・エスから請求書が届くと「架空請求では?」と疑いますよね。

しかし、エー・シー・エスでは法務大臣に認められた業務の範囲で請求書を送っているため法的にも問題はないです。決して架空請求の類ではないので、請求書が届いたときには適切に対処するのがいいでしょう。

と言うのも、エー・シー・エスではまず電話や請求書などによって債務者に対して「返済のお願い」をします。それでも債務者が返済をしなかったり、無視し続けたりすると今度は裁判所に訴えることがあるのです。

裁判所からは「訴状」や「支払督促」といった書類が届くのですが、これも無視しているとエー・シー・エス側の主張が全面的に認められ、場合によっては資産を強制的に差し押さえられる可能性もあるので要注意と言えます。

つまり、先述しましたが裁判沙汰になる前に、請求書が送られてきた時点で適切に対処することが重要なのです。

エー・シー・エスから請求書が届いたときの対処法と注意点

エー・シー・エスから請求書が送られてきたら、適切に対処することが重要とのことでした。しかし、いざ請求書が送られるとどう対処すべきか分からなくなります。
そこで、ここからは請求書が届いたときの対処法と注意点を見ていきましょう。

請求書が届いたらまず「時効」を確認する

エー・シー・エスから請求書が届いたら、まず該当する借金の「時効」を確認してください。

「約定延滞発生日」や「約定返済日」といった項目があり、そこの日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。ちなみに、時効の時期についてはこちらでも紹介中です。

もし、時効の時期になっているのであれば、「時効援用(時効の確定を主張すること)」ができます。

つまり、借金をチャラにできるのですが、あくまで時効援用を債権者(金融機関等やエー・シー・エス)に主張した場合です。
債務者から主張しない限り、借金をチャラにはできないので注意しましょう。

時効援用の方法についてはこちらで詳しく紹介していますので、実際に手続きを検討している方は合わせて確認しておくことをおすすめします。

時効の「中断」にならないよう注意する

先生!では、時効の時期になっていれば、いつでも時効援用の手続きをしてもいいんですよね?

そうですね。ただ、あまり手続きを長引かせていると、場合によっては時効が中断されることもあります

時効援用は時効の時期になればいつでも手続きは可能です。しかし、以下のような場合には中断されます。

  • 和解書などに同意する
  • 借金の一部を返済する
  • 口頭で返済を同意する

上記の場合からも分かるように、債務者(借金している側)が「返済の意思」を示すと時効が中断してしまいます。たとえその場しのぎでも、「すぐ返済するので、あと数日だけ待って…」と言ってしまうと中断する可能性があるのです。

せっかく時効の時期になっていたのに、中断してしまったらまた時効まで5年以上待つことになります。裁判沙汰に発展するかもしれない状況に不安を抱えながら生活しないためにも、エー・シー・エスに安易に対応するのはやめましょう

まとめ

エー・シー・エス債権管理回収株式会社とはイオングループの傘下で、主に借金の取り立てを行っている会社です。

エー・シー・エスから請求書が届いたということは、金融機関等との借金を延滞・滞納しているはずです。エー・シー・エスからの請求書まで無視していると、裁判所に訴えられる可能性もあるので適切に対処することをおすすめします。

ただし、中にはエー・シー・エスの名前を語った「詐欺」も耳にします。
エー・シー・エスに請求書の内容を問い合わせたり、時効援用の通知をするときには公式ページから情報を取得して、間違いがない状態で手続きしてくださいね。

もし、すでに時効の時期になっているのであれば、「時効援用」によって借金をチャラにするのがいいでしょう。