2019.07.22更新

子浩法律事務所からの支払い督促が届いたら?特徴と対策について解説

弁護士法人子浩法律事務所とは、東京都新宿区にある少額債権回収代行に特化した法律事務所です。
クレジットカードなどの滞納があった場合、元の債権者に代わって子浩法律事務所から電話もしくは携帯電話のSMSで支払いの督促がかかってくることがあります。

特にSMSでの連絡があると架空請求ではないかと疑ってしまうものですが、必ずしもそうとは言い切れないので注意が必要です。

今回は子浩法律事務所からの債権回収の特徴や対処法について解説します。

子浩法律事務所ってどんな弁護士事務所?

交通事故の損賠賠償や離婚、相続などの法律に関するトラブルを抱えている方以外にとって、弁護士事務所はあまり身近なものではないと思います。ですので、知らない名前の弁護士事務所から請求書が届いたとしたら驚いてしまう方が大半だと思います。

しかし子浩法律事務所債権回収を専門的に行っている会社なので、直接子浩法律事務所に相談をしたことがなくても督促の連絡が届くことがあります。
子浩法律事務所について解説します。

子浩法律事務所って何?

子浩法律事務所は、さまざまな会社の債権回収(借金や未払いの請求の回収)を専門的に行っている弁護士事務所です。
主に大手のクレジットカード会社や携帯電話通信会社、通信販売会社、マンション管理組合などと提携している法律事務所であり、これらの支払いを滞納した場合に子浩法律事務所から督促の案内が届くことがあります。

債権回収を専門に行う弁護士事務所の草分け(パイオニア)的なとても有名な事務所です。
債権の回収を行う事務所なので、インターネットで検索をすると悪い評判が多くヒットします。どうしても支払いの督促という業務の性質上評判が悪くなってしまいがちなんですが、だからと言って無視をしてしまうと裁判訴訟差し押さえをされてしまうこともありますので、適切な対応が必要です。

※ただし、手違いによって請求が届くケースも報告されています。まずは、請求の内容を確認して間違いのないものなのかどうかを確認しましょう。

子浩法律事務所の基本情報

子浩法律事務所債権回収の企業情報は以下の通りです。

会社名:子浩法律事務所
住所:〒〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目7−17
電話番号:03-6228-0675/03-5292-6399/03-6302-1434/
03-5292-6163/03-5292-6146/03-5292-6111/03-5292-6306/
03-5292-6130/03-6362-6218/03-6670-6683/03-6233-8516

以上の電話番号が確認されていますが他にも電話番号が存在していて、過去には電話番号の変更もされています。

子浩法律事務所の特徴

子浩法律事務所の大きな特徴としては、弁護士事務所が業務を行っていることと、督促の手段としてSMS(ショートメッセージサービス)も使用されることです。

子浩法律事務所は以下の企業の債権回収を代行で行っています(特に、auの携帯電話やKDDI系のインターネット回線を使用している方は心当たりを検討してみましょう)。

子浩法律事務所から届く請求書の一例

  1. KDDI(au携帯電話)
  2. JCB
  3. 三菱UFJニコス
  4. MUニコス・クレジット

債権回収を行っている法律事務所もあるんですね。

子浩法律事務所には当然ですが弁護士も在籍しているので、確かな法律知識をもとに手続きを進めないとさまざまな心配やリスクがありますね

子浩法律事務所から督促状が届いたら・・・

子浩法律事務所から督促状が届いた時に取るべき対応について解説します。

子浩法律事務所から督促状が届いたら・・・

子浩法律事務所からの督促連絡は、電話もしくはSMSで届きます。

これらの電話で連絡が取れた場合には、支払い(もしくは返済方法の相談)、連絡がつかない場合には通知書の送付、法的処置といった流れになります。

子浩法律事務所には上述の通り電話番号が複数あり、毎日何件も電話がかかってくることもあります。不安に思うことも不快に思うこともあるかと思いますが、最も危険な対応は無視をしてしまうことです。裁判訴訟を起こされてしまって裁判に負けてしまうと、裁判所から支払いの命令をされたり給与や財産を差し押さえられたりしてしまうことがあるので、その後の生活に支障をきたしてしまいます。

どのように対応すればいいの?

未払いの借金は、返済をするのが原則です。しかし、様々な事情から返済が困難なこともあるでしょう。

子浩法律事務所は、債務者の支払いが困難な場合に「カウンセリングを行い、債務者が可能な範囲内で支払い可能な計画を提案する」としています。
支払い可能な範囲で対応してもらえるなら、お任せできるかもしれない・・・と思われる部分もあるかもしれませんが、もし相談をするなら完全に味方になってもらえる法律事務所に相談した方がより安心できるかもしれません。

子浩法律事務所は債権者の依頼を受けている事務所ですので、返済方法の提案がベストとは言い切れないからです。

そしてこのケースで弁護士、司法書士、行政書士に相談した場合、大きく分けて2通りの対応方法が考えられます。

対応①
時効援用

借金返済の時効を主張して、支払いを帳消しにする方法です。

時効期間が経過していれば、時効援用通知書を子浩法律事務所に対して送付することにより手続きが完了します。
この方法を取れば、本件での借金は法律上0になります
(子浩法律事務所は債権回収ができなくなってしまうため、子浩法律事務所に返済方法の相談をした場合、時効援用による解決方法はまず提案されません)

時効期間は、最終の返済から5年以上(債権の種類によっては10年以上)です。
ただし、この間に裁判訴訟を起こされたり返済方法についての相談を行ったりしてしまった場合には、時効期間がリセットされてしまいます。こうした時効期間と時効の中断について注意し、手続きがとれるか否かを確認しましょう。
時効援用についての詳細はこちらで解説しています。

借金をゼロにできるチャンスを逃さないよう、自己判断で放置せず法律の専門家に相談することをおすすめします。

対応②
債務整理

時効援用が利用できない場合は、利息分や元本の減額などの債権整理による返済が考えられます。

債権整理を行うためには債権者の同意が必要であり、専門的な法律知識やノウハウが必要です。
特に、子浩法律相談事務所は法理等の専門家ですので、同じように債権の問題に強い弁護士に相談しなければ、要望や言い分を通すことは難しいでしょう。

やっぱり、味方になってくれる事務所に相談したいです。

時効援用や債権整理に強い法律事務所を探して相談すると良いでしょう。事務所によって対応範囲や料金体系が異なりますので、相談時に親身になってていねいに回答してくれる事務所に依頼すると安心できると思いますよ。

まとめ

子浩法律事務所からの督促は、電話だけではなくSMSでも届きます。
子浩法律事務所は少額の債権回収を専門に行っている法律事務所ですので、携帯電話やクレジットカードの未払いなどがある場合に電話やSMSで督促が届くことがあります。

法律の専門家である弁護士事務所からの督促には不安も大きいと思いますので、心当たりがある場合には迅速に弁護士・司法書士・行政書士の事務所に相談することをおすすめします。
時効の援用や債権整理などの手続きを取れれば、無理なく生活の立て直しが図れるでしょう。

時効援用を専門とした事務所もありますのでぜひチェックしてみてください。