2019.07.22更新

オリンポス債権回収からの督促状!取るべき対応策とは

オリンポス債券回収株式会社とは、北海道に本社を構える債権回収会社(サービサー)です。
滞納・未払いの借金や支払いがあると、本来の債権者から依頼を受けたオリンポス債権回収が督促状を送ったり、債務者の自宅に訪問したりして債権の回収を試みます。

オリンポス債権回収は、料金回収のプロなのでそのまま無視してしまうと裁判訴訟を起こされたり財産を差し押さえられたりするなどの大きなリスクがあります。

それなら、言われるがまま支払うしかないの?事情があって返済する余力が全くないんだけど、どうしたらいい?

今回は、オリンポス債権回収について紹介するとともに、督促状が届いた時の対応方法について解説します。

オリンポス債権回収ってどんな会社?

オリンポス債権回収がどんな会社かについて概要を紹介します。

オリンポス債権回収株式会社とは

オリンポス債権回収株式会社とは、様々な会社の代金回収を専門に行うサービサーです。債権回収会社とも言います。
商品代金の未払いがあったり借金の滞納があったりした場合に、実際に商品を買ったお店やお金を借りた金融機関に代わって請求をしてくる、いわば督促のプロフェッショナルです。

オリンポス債権回収は法務省の認可を受けてこうした業務を行っている会社です(架空請求ではないので、請求書を無視しないようにしましょう)。

※オリンポス債権回収を名乗る悪徳企業からの架空請求が注意喚起されています。
過去の事例として電話回線契約の請求という名目で架空請求がなされたことがあります。

オリンポス債権回収株式会社の基本情報

オリンポス債権回収の企業情報は以下の通りです。

会社名:オリンポス債権回収株式会社
住所:〒062-0020 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6番20号JA月寒中央ビル
電話番号:011-805-9900/011-795-2803/011-856-9199/
011-856-9950/011-856-9933/011-856-9200

オリンポス債権回収株式会社の特徴

オリンポス債権回収は、独立系といってさまざまな会社の債権回収を行う企業です。

督促状には、元の債権者(借金の貸主/商品の販売会社など)が記載されているので、「オリンポス債権回収株式会社」からの請求書が届いたら、必ず中身を確認して内容に心当たりがあるか否かについて確認しましょう。

オリンポス債権回収から届く請求書の一例

  1. 武富士
  2. CFJ
  3. 株式会社キュエル

オリンポス債権回収の大きな特徴は、封筒の色で、青・黄・赤の3色があります。

信号機と同じ色なのでイメージしやすいと思いますが、赤が最も危険性が高く連絡を放置すると裁判訴訟を起こされる危険性が非常に高いです。

オリンポス債権回収は自宅訪問もある⁉

オリンポス債権回収の督促は自宅訪問もあります。
その場合、事前に自宅訪問通知書が届きます

自宅に訪問されるとプレッシャーを感じてつい料金の一部を支払ってしまったり、返済に関する相談をしたりしてしまうことがあるかもしれません。

もちろん、全額返すめどがきちんと立っている場合にはむしろそうして返済を進めていくしかないんですが、この後説明する時効援用という制度を利用する場合にはこれらの行動が命取りになることがあります。

オリンポス債権回収は、北海道にあるんですね。

オリンポス債権回収は北海道で最初のサービサーです。しかし督促をするエリアは全国区なので、北海道以外に住んでいる方は見慣れない北海道の市外局番から電話がかかってきてびっくりされるかもしれませんね。

オリンポス債権回収株式会社から督促状が届いたら・・・

オリンポス債権回収株式会社から督促状が届いた時に取るべき対応について解説します。

オリンポス債権回収株式会社から督促状が届いたら・・・

オリンポス債権回収の督促状などの書類には、主に以下の文言が記載されています。

  • 債権管理回収に係わる受諾通知
  • 請求書
  • 催告書
  • 和解のご提案
  • 法的処置予告通知
  • 訪問予告通知

どのように対応すればいいの?

オリンポス債権回収から書類が到着したらとにかくまずは内容を確認することです。

そして、自宅訪問や法的処置を取られる前に適切な対応を進めることです。
さらに無視を続けると、本当に裁判訴訟を起こされ、財産を差し押さえられてしまう可能性もあります。

適切な対応とはいったいどのような対応でしょうか?
おそらく、書類には「連絡をください」という内容のことが書かれていると思いますが、支払いが苦しい方、困難な方は正直に連絡を取ってしまうことで返済が生活を圧迫してしまう可能性があります。

支払が困難な方にとって考えられる方法は2つです。

  1. 最終の支払いから一定期間が経過している場合、時効の成立により支払い義務をなくせる可能性があります。
  2. 時効期間が経過していない方は、弁護士事務所や司法書士事務所に相談をして任意整理の相談をすることで、返済額の減額に応じてもらえる可能性があります。

特に、①の時効援用が利用できる場合、借金の返済義務を法律上なしにすることができます

手続きのポイントは2点あって、時効期間が経過していること(最終の支払いから5年以上、時効が中断していないこと)と時効援用手続きをすることです。

時効援用って何?借金が0になるの?

時効援用とは、「この借金は時効が成立しているので支払いません」という意思表示をすることです。要件をきちんと満たした状態で時効援用手続きをすれば、法律上借金はなくなります。

要件①
時効期間

時効期間は最終の支払いから5年間です(信用金庫からの借金や奨学金など貸主が非営利目的でお金を貸出ししている場合の時効期間は10年間)。

また、時効期間が成立する前に裁判による請求、財産の差し押さえ、債務の承認(債権者に対して借金の一部を支払った、借金の返済方法を相談した、「給料が入るまで待ってほしい」などのお願いをした)などの事由があると、「時効の中断」といって時効期間がリセットされてしまいます。

要件②
時効援用

時効期間が経過すれば無条件に時効が成立するわけではありません。
時効援用という意思表示をする必要があります(通常、内容証明郵便を郵送します)。
時効援用については、こちらで詳しく解説しています。

せっかく時効期間が経過していても何もしないと給与や財産の差し押さえなど最悪のケースも考えられます。内容証明郵便を送るなどして、しっかりと時効援用の意思表示を行いましょう。

時効の援用についても、任意整理と同様に弁護士・司法書士・行政書士の法律事務所に手続きのサポートを依頼できます。法律事務所といっても専門分野もそれぞれ異なり幅広いため、ご自身の状況に合った事務所選びも大切です。

料金回収専門の会社に時効を主張したり減額を依頼したりするなんて難しそうに思えましたが、法律の専門家に助けてもらえば心強いですね

事務所によってサポート範囲や料金が異なるので、安心して依頼できそうな事務所を探すといいですよ。きっと親身になってくれる法律事務所が見つかると思います。

まとめ

オリンポス債権回収株式会社から督促状が届いたら、自宅訪問されたり裁判訴訟を起こされたりしないように迅速な対応を取る必要があります。
また、借りたお金は返すのが原則ですが、どうしても返済するお金がなくて困っている時には適切な方法で対処をすることで借金を0に、あるいは減額することができるかもしれません。

その方法は、時効援用あるいは任意整理です。

いずれも法律に関する専門知識を持った弁護士・司法書士・行政書士のサポートを受ければ対応がスムーズになります。借金の悩みから解放される日々を目指して、これらの事務所の無料相談を活用されてみてはいかがでしょうか