2019.07.03更新

時効援用のノウハウとは?借金の悩みを確実に小さくするために

時効援用のノウハウとは、時効援用の失敗リスクを減らし、安全・確実に手続きを進めるさまざまな手法のことです。
そして、ノウハウを持っているのは、時効援用のサポート業務を行っている法律事務所です。個人ではなかなか気が付かないポイントを専門家は把握しています。

今回は時効援用のノウハウを持っているのはどんな業種の人か、それらのノウハウには具体的にどのようなものがあり、どういったメリットがあるかについて紹介しています。

時効援用をご自身で行うかサポートを依頼しようか迷われている方にも参考になると思いますよ。

時効援用のノウハウを持っている専門家は誰?

借金の時効援用の最大の目的は、時効の経過を主張して借金を帳消しにすること、だと思います。
そのためには、①時効期間の経過と②時効援用の2つの要件を満たすことが必要です。

要件としてはとてもシンプルですが、裁判訴訟を起こされてしまったり書類に不備が生じてしまったりするなど、時効援用には失敗リスクも存在します。

確実に時効援用の手続きをするには、ノウハウを持った専門家に相談をしたり、手続きを代行したりできないかと考えられている方もいらっしゃることでしょう。

結論から言えば、時効援用は法律に関連する手続きなので、弁護士、認定司法書士、行政書士の事務所が時効援用に関するノウハウを持っています。そして、これらの事務所では債務者の時効援用をサポートする業務を行っています。

弁護士、司法書士、行政書士の業務内容やメリットの違いについてはこちらにて解説しています。

つまり、時効援用に失敗してしまうリスクを減らしたい方は、ノウハウを持っているこれらの事務所に相談・依頼した方が安心できる、ということです。

せっかくなら、ノウハウを持った専門家のサポートを受けたいですよね。

次は、どんなノウハウがあるのかを具体的に解説します。

サポートの専門だからこそ持っているさまざまなノウハウ

時効援用サポートの専門家である法律事務所が具体的に有しているノウハウにはどのようなものがあるかについて紹介します。

書類を不備なく作成し、確実に相手に届けるノウハウ

時効援用の際に気を付けたいのは、書類を不備なく確実に届けることです。

時効援用のサポートを専門に行っている事務所では、時効援用に関する確かな知識があり、非常に多くの件数の時効援用手続きを行っているため、書類作成に関しても専門的な知識・ノウハウを有しています

債権者とのやり取りに関するノウハウ

債権者からの督促があった場合、不用意な行動や発言が債務の証人と取られてしまい時効期間が中断してしまうことがあります。

逆に債権者側は、時効を援用されてしまわないために債務の承認につながるよう、様々な工夫やテクニックを駆使するケースが多々あります。債権者側もプロですので、法律知識のない一般消費者はこうした督促によって、つい債務の承認をしてしまうケースは珍しくありません。

特に、弁護士や認定司法書士は、債務者の代行で債権者と直接やり取りをする業務を担うため、法律知識に基づいて適切な対応のできるノウハウを持っている事務所がたくさんあります。また、時効援用が利用できない時に取れる任意整理などのノウハウもあります。

家族や会社に知られずに手続きを進めるノウハウ

過去の借金を家族に内緒にしている方にとっては、家族や会社に借金をしていることや時効援用手続きをしていることがバレたくない、という方も少なくありません。

家族や会社へバレてしまう可能性を減らすために最も基本となるのは、時効期間が経過したら速やかに時効援用手続きを進めることです。

そのまま放置していると、裁判訴訟を起こされて自宅に通知が届いてしまったり、財産や給与の差し押さえをされてしまったりすることがあるためです。

また、時効援用手続きの不備を減らすことも重要なポイントです。例えば、書類に不備があった場合、債権者から確認の電話や通知が届くケースがあり、そういった連絡によって家族に見つかってしまうケースもあるからです。
したがって、もし法律の専門家に書類作成を依頼する場合でも、最短の期間で書類を作成し、郵送してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

最後に、ていねいできめ細かな対応をしてくれる業者に依頼するように心がけましょう。どんなに注意しても、書類や携帯電話の着信履歴などから家族に見つかってしまうケースはありますが、少なくとも最新の注意を心がけてもらうことでリスクを軽減することはできます。

時効の援用手続きの失敗リスクを下げることと、安心して手続きを進められることが大事ですよね。

そのためには、専門家だからと言って安心せずに実績豊富で顧客目線の事務所に依頼することも大切ですよ。

まとめ

時効援用を成立させるには、さまざまなノウハウがあります。
しかし、そのノウハウは法律的な内容でもあるのでなかなか一般の人が身に付けるのは難しいものです。

安心して確実に手続きできるように弁護士、認定司法書士、行政書士の事務所に相談してみましょう。家族や職場にばれてしまうのが心配な方も、その旨をぜひ率直に相談してください。