2021.09.19更新

晴れて債務ゼロに!時効援用を行った人のその後の生活

消費者金融やクレジットカードでいくつもの借金を長年抱えていた30代半ばの太郎さん。
時効援用制度を利用し、晴れて借金はゼロになりました。
さて、太郎さんが時効援用を行いたかった理由をお伺いしてみましょう。

キャッシュレスが進んでいるので新たにクレジットカードを作成したかった

とのこと。

また、 繰り返すかもしれませんよ?
それでもクレジットカードを作りたいと思いますか?

光熱費も携帯も家賃も引き落としにする時代になったから
もっと便利にお支払いが出来ればと思っています。

それなら、クレジットカードではなくデビットカードで十分ですよ!

今、流行りのデビットカードですか?クレジットと何が違うのでしょうか?

近年は20代を中心に活用されているカードです。カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカード。
銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる利便性や、銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などから人気が出てきています。

信用情報を傷つける心配もいりません。
生活に必要なお金はデビットカードで活用する人が多いのも、生活用品などをネットで購入したいとなった際に、残高さえあれば クレジット払い選択でデビットカードの利用が対応できます
カード会社によってはポイントバック機能も付いているのでより賢くお買い物ができるようになりますよ。

20代中心に人気を得ている理由として、デビットカードは原則中学生を除く15歳から利用が可能なので、高校生や大学生の間でも
「せっかくバイトしているしお金の使いすぎを防ぎたいのと、将来クレジットカードを使えるように自身のお金の使い方や流れを知っておく」
という使い方をしている若者が多いですよ。

最近の若者はすごくしっかりしていますね…、このようにやりくりしてるんですね、とても勉強になります。

そう、お金の使い方は時代とともに変化してきています!

デビットカードさえしっかり活用できれば、いざクレジットカードを使おう!となっても、最低限にとどめる事ができます。

例えば、デビットカード1枚+限度額10万キャッシング機能なしのクレジットカードを所持していれば、使い過ぎの心配もいりませんし、クレジットカード会社は信用情報の内容に基づいて、申告した収入や勤務先、勤務年数の内容なども判断した上でも審査も通りやすくなりますので時効援用後、クレジットカードの審査が通るかが不安という方でも比較的通りやすくなります。

月々の「利用限度額」を変更設定できるクレジットカード会社さんもありますので、より月々の収入に合わせて利用額を予め抑えたいという方に対してもお応えできるところもございます。

これらのやりとりをした太郎さん、時効援用から3ヶ月、太郎さんは

どのような生活を送っているのでしょうか…?

太郎さん、お元気にされていますか?

はい、あの時はありがとうございました

クレジットカードは作りましたか?

某大手のデビットカードを生活費用と食費用で分けるために2社使っておりまして、
食費用のデビットカードは常時、財布に保管しています。

クレジットカードも1社作成しましたが、限度額を10万円にしてキャッシング機能は付けていません
携帯代のお支払いのために使ってますので自宅に保管しております。
どうやら携帯代のお支払いでもポイントが付くようで。

おお、それはお得ですね!ちりも積もれば山となりますから、コツコツ貯めていきましょう。ポイント貯めたら何に還元されるのですか?

新しいスマホを購入するために充てようと思います。
時効援用したことによって信用情報のキズの回復もできたことですし、スマホも本体代によっては購入審査も通りやすいって先生に教わりましたから、今はお金の使い方に関してはなるべく倹約できるように努めていきます。

少しずつでも貯金できるよう、現金やクレジットカードをなるべく持ち歩かずに交通ICカードにデポジットして月に使う額を決めて生活をしています!

沢山工夫されていますね。現代のキャッシュレスに合わせて無理のない活用方法はいくらでもありますが、交通ICカードも幅広く使えるようになりましたからそれは名案ですね。

太郎さんのようにコツコツ頑張れば、いずれは信用情報の回復も大幅に図れますので、皆さんにもおすすめ致します。

また。太郎さんのように長年の借金にお悩みのご友人がいらっしゃったら、まずは

時効援用制度を活用してみるのもいいかもしれません。

借金が帳消しになるチャンス!

まずはご相談ください。↓↓